アジアンポップスむかし話

今回は音楽について。 前の記事で書いた通り、香港映画にハマっていた僕は自然と音楽の方にも目を向けるようになる。 そのころの香港の映画スターは歌手としても活動している人が多かった事が大きかったように思う。 プレノンアッシュが香港映画の専門店を青…

閉店間近の九龍城ゲーセン・ウェアハウスに行ってみた

神奈川県川崎市にあるアミューズメントパーク・ウェアハウス川崎。 以前からその存在は知っていて(有名)一度は行かないとな、と思ってはいたもののきっかけが掴めずに後回しにしていた場所。 ウェアハウスは関東を中心にネットカフェやカラオケ店など幅広…

プレノンアッシュと電影風雲 〜香港映画の想い出〜

タイトルを見てピーン!ときた人は長らく香港映画を見ている方だと思う。 自分が海外に初めに興味を持ったのが香港であった事は過去にも書いたが、香港がどういう所か知りたい、身近に感じたいとの思いからまず手を伸ばしたのが香港映画だった。 www.tatsu43…

誠品生活と、細野さん。

最近更新が滞っていて“はてな”さんから催促メールが来る始末なのでたまには日記的なものを。 去る10月11日、東京は恵比寿ザ・ガーデンホールにて開催の「祝!細野晴臣 音楽活動50周年×恵比寿ガーデンホール25 周年『細野さん みんな集まりました!』というイ…

台湾のPOPと「手書き」考

ここのところ台湾はじめ中華圏でのサイン入り広告のことばかり書いてきましたが、実はそれより前に個人的に気になっていたものがありました。 それは、お店に掲示しているいわゆる“POP”です。POP=Point of purchase、簡単にいうと「半額セール!」「今売れ…

台南でサインがいっぱい 〜フォーエバー南方公園〜

ここのところずっと中華圏でのサイン入り広告についての記事を書いていましたが、今回はサインにまつわるまた別のお話。 2018年の台湾旅行。 台南の街を歩いていたら、新光三越の近くにある「南方公園(英語名でSouthPark)」という文字通り公園のような商業…

「日本でも」サイン入り広告

さて、台中港と旅して撮り溜めてきたサイン入り広告の写真をひと通りご紹介してきましたが、今回は日本編です。 といっても以前載せた大谷翔平選手や 浅田真央ちゃんではなく、 ましてやアパ・・・でもなく。 実は現地に行く前から“狩り”は始まっていたので…

香港のサイン入り広告ライブラリー

2019年の台中港ツアーもいよいよ最終地点、香港へ。 台湾から始まったサイン入り広告探求の旅。中国本土でも確かな手応えを感じ、いやが応にも香港への期待は高まるばかり。 なんたって香港といえば映画産業はアジア随一。きっとたくさんの明星たちが店先や…

中国のサイン入り広告ライブラリー②〜厦門編〜

深圳での予想以上の収穫に驚き&満足しながら向かった福建省・厦門。 ここは若かりし頃留学で一年間生活した場所。当時は経済特区とはいうものの良くも悪くもTHE地方都市という感じで、深圳と比較するとどうしても発展のほどは途上の真っ只中にあるといった…

中国のサイン入り広告ライブラリー① 〜深圳編〜

「台湾の有名人が出ている広告にはクレジットないし手書きのサインが添えてあるよね」という興味から行く先々で写真を撮ってきたものを公開してまいりましたが、「果たしてこれは台湾独自の文化なのか」という疑問も同時に孕んでいました。(過去記事は最後…

台湾のサイン入り広告ライブラリー 〜男性&ペア部門〜

台湾の街並みで見かけるサイン入り広告ライブラリー続編です。今回は男性部門とペア部門。 ちなみに過去の関連記事はこちら。 台湾のサイン入り広告 台湾のサイン入り広告ライブラリー 〜女性部門〜① 台湾のサイン入り広告ライブラリー 〜女性部門〜② こちら…

台湾のサイン入り広告ライブラリー 〜女性部門〜②

さて、前回の女性部門の続き。ここからはバーーーっといきます!「今日のホームラン」のBGMを脳内再生しながらご覧ください!僕も流しながら書いてます。 ◉ビビアン・スー 徐若瑄 Xu Ruo xuan◉ (歌手、女優) 全然変わってないなぁ、ビビアン。当時ブラビの…

台湾のサイン入り広告ライブラリー 〜女性部門〜①

前回の記事を踏まえて、ここからは街を歩いて遭遇した「サイン入り広告」のコレクションを公開します! まずは2018年、2019年にそれぞれ訪れた台湾(台北と台南)で撮影した画像たちからこちら。 ■■■女性部門■■■ ◉ジョリン・ツァイ 蔡依林 Cai Yi lin◉ (歌…

台湾のサイン入り広告

台湾の街を歩いていて、ふと気になった事がある。 繁華街や駅など人通りの多いところに所狭しと掲げられた広告、ポスター。 それらの多くには有名人だろうか、人物の写真が使用されている。 それ自体は日本でもそうだし、やはり目を引くという部分では広告と…

パパイアミルク、その愛

前回の記事ではパパイアミルク愛を熱く語りすぎてしまいました事をお詫び致します。 そもそもがグルメではないので当ブログでは飲食に関してこれ以上ないほどにチカラが入ってしまいました・・・。 お詫びのしるしに今回はそんな私のパパイアミルク“飲みある…

タピ活もいいけどパパ活もね!〜パパイアミルクのススメ〜

最近の日本での台湾絡みの話題といえば猫も杓子もタピオカ、ふた言目にはタピオカ。右も左もみんなタピオカ(さいたまんぞう風)。 もはや日本の女子たち、タピオカ=台湾発祥の飲み物という認識で飲んでいる割合がどれだけいるのかというレベル。 かつての…

中村一義トーク&アコースティックライブ どうでい!?vol.3

2019年4月7日 中村一義トーク&アコースティックライブ どうでい!?vol.3 @浅草東洋館 行ってきました。 中村一義といえば1997年のデビュー時からアルバム買って聴いていて、その後バンド期くらいからは音楽自体を追わなくなったこともあり離れてしまったの…

デカすぎ!香港国際空港

22年ぶりに訪れた香港。今回の旅行は台湾IN、香港OUTなので、今の香港国際空港は帰りになって初めて使用することになる。(啓徳空港しか知らないので) 九龍駅からエアポートエクスプレスで空港に到着すると、改札を出て目の前がもう空港だ。 空間広々、とて…

ヲタ活@香港

台湾での細野晴臣コンサートで幕を開けた旅行も遂にフルで使える最後の日。 実はこの日も音楽のライブに行く予定を組んでいた。 「@ JAM × TALE in HongKong 2019」という、日本と香港で行われているアイドルの合同イベント。 台湾でライブを観るなら香港で…

香港オタク巡り

香港に興味を持ち始めたハタチ過ぎの頃、映画にもハマったが、同時に音楽も聴いていた。 香港の映画スターは歌手活動も行なっている人が多い(ジャッキー・チェンだってそう)ので、自然と興味を持ち始め、CDを買い集めていた。 就職してからはスパッと趣味…

ご旅行は計画的に 〜マカオ弾丸ポンコツ旅〜

他の記事を読んで頂ければお分かりの通り、僕は旅行の際、乗り物とか宿泊とか事前予約が必要なもの以外に関してはあまり下調べを入念にしたりしない。 これはワザととかではなく、あくまで性格の問題。なので今までに失敗や損をした事も多々あるし、なるべく…

映画の街・香港 〜ブルース・リーを追って〜

すっかり変わり果てて度肝を抜かれた厦門から深圳経由で香港へ。 ここも22年ぶりだったが、さすがに香港は大きな変化は見られず、やっと懐かしいと素直に感じた。 自分にとって人生初海外の地、香港。今回は一つ目的があった。プロムナードにあるというブル…

ここが私のアナザースカイ〜厦門 ③

今回中国に行くにあたって悩んだのがスマホ問題。 これまでは複数の国に行っていなかったのでレンタルWi-Fiひとつで済んだのだが、今回は台湾、中国、香港なのでひとつでは賄えない。さらに中国と香港は同じ機器が使用できるとの事だったが、ネックだったの…

ここが私のアナザースカイ〜厦門 ②

朝起きて若い頃に留学していた中国の母校・厦門大学へ。 ホテルの前が思明南路なのでそのまま大学方面に歩けば着くはず。そして通い慣れた通りでもあるので懐かしの店なんかはどうなっているのか…? ホテルを出てすぐ鴻山寺というお寺がある。岩の壁面と周囲…

ここが私のアナザースカイ〜厦門 ①

深圳から高速鉄道で厦門に移動。 厦門に来るのもおよそ21年ぶり。現在地下鉄が1路線(1号線・2017年12月31日開通)開通している。厦門にもついに・・・。(感慨深げ) 厦門北駅から予約しているホテルに向かうため、中心街へ地下鉄で向かう。 百度地図で調べ…

中国のテクノポリス??深圳 ②

朝から深圳の目的である噂の電気街・華強路へ。最初地下鉄で華強路駅で降りたらすぐ裏に「華強電子世界」と書かれたビルが。 そのネーミングにワクワクしながら入ってみると、電化製品というよりは部品を扱っている店や修理を請け負う店が中心。 そこから華…

中国のテクノポリス??深圳 ①

束の間の台北を楽しんだ後、いよいよ中国本土へ。 僕は若い頃中国に一年間語学留学の経験がある。 しかし中国は留学から帰った翌年に一度旅行で訪れて以来。22年ぶりである。 その時期に深圳にも二回くらい行った事があるので初めてではないものの、ネットで…

2019年、台湾。細野晴臣。

2019年2月、会社を辞めて一発目の旅行は“卒業旅行”として原点に帰るべく人生初の海外である香港、そして中国へ行って・・・来るつもりが、急遽その前に台湾にも行くことに。 その理由とは、旅程を組んでいる最中にネットで見たこちら。 なんと、このタイミン…

初めての海外 〜香港・九龍城砦を目指して〜

人生で初めて海外に出たのは1992年。高校を出てフラフラしていた時。 雑誌を読んでいたら、あの「九龍城砦」が載っていた。するとその内容にグイグイ引き込まれ「ここに行きたい!」と思ったのがきっかけ。 PLAYBOY日本版、1989年9月号。 当時は中華圏をはじ…

プロローグ 〜再び台湾へ〜

2017年の夏、一通のメールが届いた。 差出人は台湾人の古い友逹だった。 結婚することになり、式を挙げるので出席してくれとの事だった。 そうか、結婚するのか。じゃあ式には行かないとな・・・って、台湾に来いだと?? 今の会社に入って20年が経とうとし…